『フィリピンの少女ピア -性虐待をのりこえた軌跡-』 [fb-003]

『フィリピンの少女ピア -性虐待をのりこえた軌跡-』 [fb-003]

販売価格: 1,540円(税込)

商品詳細

中島早苗、野川未央(著) フリー・ザ・チルドレン・ジャパン、プレダ基金協力 大月書店刊

これは、FTCJのパートナー団体のフィリピンのNGO「プレダ基金」に所属する
ピア・コーベラの半生を描いた本です。なぜ、子どもが働かなければいけないのか、児童労働の現状、児童労働から解放され尊厳を取り戻すまでについて、 実在するピアの生涯を通じて知ることができます。

両親と暮らしたことがなく、8歳からセックスワーカーとなったピア。
「ひとりで悩まないで。いつも私がそばにいてあなたといっしょに闘っています」
彼女からのメッセージに耳を傾けると、大事なことがみつかると信じて、
ぜひ多くのかたに読んでもらいたいと思っています。

★☆FTCJを通して購入されますと、販売価格の2割が世界の子どもたちをサポートする活動のために使われます☆★